インスタントラーメンを食べる京都出身の中坊進二

New Item Name


京都出身の中坊進二は先日、
チキンラーメンを食べましたが、やはり昔ながらの味はいいものです。
ところで卵が生のままなんですが、
これってどうやったら完熟になるのでしょうか?
お湯をかけるだけではダメなのでしょうか。
やはり、お鍋でグツグツ煮込まないといけないんですかね。

インスタントラーメンは次々と新しいバリエーションが登場しています。
最近だと、ご当地名物のラーメンが人気のようです。
その地方で有名なラーメンをカップ麺にして、
手軽に食べられるようにした逸品です。
ただし、その味は本物とかなりかけ離れています。
そもそも、乾麺と生緬の時点で、食感は非常に異なります。
具材も全くと言っていいほど違います。

京都出身の中坊進二は庶民的なラーメンが好きです。
地方の名産のラーメン屋や脂がぎっしり詰まったラーメンよりも、
そこまで手間暇かけていないシンプルなラーメンが好きです。
今もあるか分かりませんが、一杯290円のラーメンで十分です。
正直、ちょっとお高いカップ麺と同じくらいの値段ですが、
こっちの方が断然旨いです。

京都出身の中坊進二が自分でラーメンを作る際は、乾麺を茹でています。
生緬と製法は同じですが、あの食感が好みです。
京都出身の中坊進二の母が韓国旅行に行った際は、
ホテルの食堂でインスタントの乾麺を食べたと言っていました。
あっちでは、こうした袋詰めの乾麺が主流みたいですね。

インスタント食品は次々と新しいのが登場していますが、
やはり、昔ながらの味は根強く人気です。
十数年経っても、それらの商品は現役で製造されていると思いますよ。